保育士の先生の魅力は子供たちの成長を見守る事

保育士の魅力と保育の現実とは

  • ニュースを見ていると保育園入園時期、また申込時期に待機児童などの問題がクローズアップされています。待機児童問題は国の大きな問題です。働き手が少なくなり、企業や店舗、個人経営者からも人材不足が叫ばれ、人材が足りないことで事業縮小を余儀なくされている所も少なくない状況です。

    そんな中にあり、働きたいという意欲を持っているママたちが気持ちよく仕事に就くことができるように、保育所の増設、また人材の確保が急務です。保育士は今、特に都市部の自治体からも求める声が高く、地域によっては保育士として働く方の支援を行っている所もあるのです。

    保育士として働く人の意見をきくと、未来を担うお子さんのサポートができること、働くママたちを応援できる仕事として非常に魅力ある仕事ととらえていますが、生活ということを考えると保育士は給料水準が仕事のハードさに見合っていない状態で、モチベーションを保つことも難しいといわれます。

    また仕事を家に持ち帰らなければならないほど業務量が多く、イベントがあれば自宅でイベントに利用する小物作りなどを行うなど激務となる場合もあります。

    子どもは元気いっぱいで、責任をもって保育するためには集中してお子さんを見守る事も必要ですし、猛暑の中でも元気な子供たちと一緒に汗だくになって走り回る事も少なくありません。体力勝負ともいわれている保育士の仕事は肉体的にも辛いといわれます。

    しかし実際に働いている保育士さんたちは保育に対して情熱を持ち、やりがいのある仕事として頑張っておられるのです。